誰でもなり得る乳児湿疹の原因と対策を知っておこう

赤ちゃんに合うもの探し

哺乳瓶

ミルク育児をしている家庭では、哺乳瓶を複数本用意しておくと便利です。1本ごとに消毒する手間が省けるためです。また哺乳瓶には乳首や素材に色々なタイプがあるので、始めは試し買いのつもりで赤ちゃんにあったものを見つけていくことが大事です。

More Detail

スキンケアで改善します

足

乳児湿疹とは赤ちゃんにできる湿疹の総称です。その症状は肌に痛みやかゆみが伴う赤みができるほか、カサカサと乾いたタイプからジュクジュクとした浸出液を伴うものなど様々です。乳児湿疹のできる原因の一つは肌のバリア機能が未成熟である点です。大人の場合は肌のバリア機能が発達しているため、外部からの刺激に対しても簡単に肌トラブルを起こすようなことはありませんが、赤ちゃんの肌の場合はよだれや汗をはじめ衣擦れや食べこぼしなどにも敏感に反応してしまいます。これにより免疫システムが刺激され肌に湿疹が出るようになるのです。また赤ちゃんは皮脂の分泌が活発なことも乳児湿疹の原因の一つです。これ以外にも乳児湿疹ではアトピー性皮膚炎など様々な原因が考えられます。そのため赤ちゃんの肌に乳児湿疹が現れたときは、まず原因が何であるのかを皮膚科や小児科でしっかりとチェックすることが大切となります。

赤ちゃんに乳児湿疹ができてしまったときはスキンケアをしっかりと行いましょう。乳児湿疹で最も怖いのはアレルギーの連鎖反応を起こしてしまうことです。肌の湿疹はアレルギー反応の一つですが、このアレルギー反応は喘息や食物アレルギーなどほかのアレルギー反応を引き起こすきっかけとなることがあります。このようなアレルギーの連鎖はアレルギーマーチと呼ばれるものです。このアレルギーマーチを防ぐためにも日々のスキンケアが重要となるのです。赤ちゃんのスキンケアには赤ちゃん用のせっけんが理想的です。赤ちゃん用のせっけんは香料など肌への刺激となる成分が全く含まれていないので、乳児湿疹のある赤ちゃんでも安心して使うことができます。赤ちゃんのスキンケアを行う際は、肌にやさしい成分でできた赤ちゃん用のせっけんなどを利用して乳児湿疹の症状をケアするようにしましょう。

種類もデザインも豊富です

ママと赤ちゃん

抱っこ紐は現在の育児では多くの母親に利用されています。前に子供を置くことで、顔がみやすく安心できるのも人気の理由です。着用前には数回の練習が必要であり、形状を変える事ができるものは予め実際に試してみる事が大切です。

More Detail

意外と知らないテクニック

ウォーター

赤ちゃんに水を与える際などにはとても注意が必要です。特に菌などには気を付けて、生後5〜6ヵ月ほどから与えることができます。その際にはもちろん殺菌することが大切です。水だけではなく、正しい知識で赤ちゃんを労わって育児することが大切です。

More Detail