意外と知らないテクニック|誰でもなり得る乳児湿疹の原因と対策を知っておこう

誰でもなり得る乳児湿疹の原因と対策を知っておこう

意外と知らないテクニック

ウォーター

相性や関係

みなさんは赤ちゃんとお水の関係を知っていますか。基本的には離乳食が始まる前の生後5〜6ヵ月は必要なく、ミルクで十分と言われています。しかし、母乳やミルクが足りない時には水が必要になってくる場合があります。もちろん粉ミルクでは、溶かす際にも使います。したがって、赤ちゃんと水の相性は必ず知っておく必要があります。まず赤ちゃんは非常に繊細で、生後三か月は水の消化吸収ができません。その際に飲ませてしまうと、赤ちゃんが下痢などを引き起こす可能性もあり大変危険です。また、水道水などには塩素などで殺菌されているため体の組織がまだ未発達の赤ちゃんに飲ませることは、とても負担が大きいです。もちろんこういった水すべてに言えることですが、かならず沸騰させてから粉ミルクを溶かしたり、飲ませる場合には体温に近い35〜40度の温度に下げて飲ませましょう。沸騰させないと、菌がいます。海外などでは当たり前ですが、当然菌を死滅させてから用いる必要があります。

知らないことだらけである

育児はおそらく初めての方が多いと思います。何をしたらいいかわからないというかたがほとんどだと思います。中でも、お水と赤ちゃんの関係は初歩的なことですが、大変重要です。皆さんも知っているとは思いますが、人体の半分以上は水でできています。赤ちゃんは80%ほどで、この数値を適切に保たないと大変なことになってしまいます。赤ちゃんのことを皆さんよく知らないため、みなさん戸惑ってしまうんですね。赤ちゃんが汗をかいたりした際にも当然水は使われます。他にも、いろんなことを知っておくことが大切です。とても、か弱い存在なので私たちが守ってあげる必要があります。わたしたちが大したことがないと思っていることも赤ちゃんには、大変危険であることも多々あります。正しい知識を使って育児をする必要があります。