赤ちゃんに合うもの探し|誰でもなり得る乳児湿疹の原因と対策を知っておこう

誰でもなり得る乳児湿疹の原因と対策を知っておこう

赤ちゃんに合うもの探し

哺乳瓶

複数本の用意が大事

まだ離乳食が食べられない赤ちゃんがいる家庭で、混合栄養やミルク育児をしている場合は、哺乳瓶は大事なアイテムとなっています。ミルクを素早く作り、泣いている赤ちゃんが安心して飲めるように、最近は色々なタイプの哺乳瓶が販売されています。ミルクで赤ちゃんの栄養を多く補っている場合は、哺乳瓶の数に余裕を持たせておくことが大切です。その理由としては、哺乳瓶は一度使ったら必ず消毒をする必要があるからです。消毒をしないと、乳首部分に雑菌が繁殖したり、ミルクの残りカスが付いたままで衛生的に良くありません。また、数時間置きにミルクを与えている場合は、夜中の授乳時だけでも数本を使うことになります。消毒には手間と時間がかかるため、負担を減らすためにも、予め多めに購入しておくことが大事です。

様々なタイプがあります

では、初めて哺乳瓶を買う時、何を基準に選べば良いか分からない人はたくさんいます。なんとなく人気がある商品に手を伸ばしてみたりしますが、注目すべきは乳首の形と素材です。哺乳瓶の乳首部分を見ると、メーカーや商品によって形が大きく変わります。実際に赤ちゃんに飲ませてみたら、赤ちゃんがむせたり吐いたりして飲みづらい形の乳首だったということはよくあります。基本的に、どのメーカーの哺乳瓶も、月齢に合わせてミルクが出る量が調節される乳首となっています。しかし、赤ちゃんの吸引力や口の形で飲みづらいこともありますので、まずは何本か試し買いをしてみると良いです。もう1つ、素材については、耐熱ガラスとプラスチックがあります。外出が多い家庭では、プラスチックの哺乳瓶のほうが軽くて持ち運びに便利ですので、用途に合わせて使い分けると良いです。