種類もデザインも豊富です|誰でもなり得る乳児湿疹の原因と対策を知っておこう

誰でもなり得る乳児湿疹の原因と対策を知っておこう

種類もデザインも豊富です

ママと赤ちゃん

赤ちゃんの成長に合わせる

抱っこ紐は現代の育児では欠かせないアイテムとなりました。一昔前はおんぶの方が一般的でしたが、海外メーカーの抱っこ紐が主流となったことから、抱っこ需要が増加しました。抱っこ紐を使用することで、赤ちゃんの顔を見る事もできることから、母親も赤ちゃんも安心できるのが特徴です。しかしながら、抱っこ紐を使用した落下事故も増加していることから、注意が必要です。また、新生児期にはインサートなどが必要な場合や利用することが出来ない抱っこ紐もあるため成長に合わせて利用することをおすすめします。まずは購入の際に店頭で実際に着用をして自身が納得したうえで、購入するとよいでしょう。また使用時には安全性を確保して利用しましょう。

着用の練習をしましょう

出産前に抱っこ紐を購入した場合には、生まれるまえに着用のシュミレーションをしてみるとよいでしょう。また、産後も出掛ける直前ではなく、自宅で何回か着用の練習をしたり、形状を変える練習をしましょう。抱っこ紐によっては2WAYや3WAYなどで利用することが出来るものが多いため、練習は必須です。また、最近の抱っこ紐は後ろでバックルを留めるタイプが多いため、なかなか留められない人もいます。特に育児中は腱鞘炎などにもなりやすく、後ろで留めることが難しくなる場合もあります。こうしたことからも、何回か安全を確保したうえで練習しておくと安心なのです。また、赤ちゃんの性格によっては合う抱っこ紐とそうでないものがあるため、赤ちゃんの様子を見ながら利用しましょう。